メイン

355日焼け アーカイブ

2009年01月08日

日焼け止めのSPFとは?

日焼け止めのSPFとは?

なにも塗らなかったときと比べて、赤くなってひりひりする(サンバーン)のが始まるまでの時間を何倍に延ばすことができるか。という目安がSPFです。
成人が夏の日差しの下にいた場合、サンバーンを起こす時間は約20分です。これは平均値で個人差はあります。
例えばSPF3は、サンバーンが始まるまで約3倍に延ばすことが出来るということです。よってサンバーンを起こすのに約60分。20分の3倍に延ばすことが出来るということです。
日常につかうなら、SPF20程度でよいです。外出時間が長い時はより数値の高いものを使うとよいでしょう。

日焼け止めのPAとは?

日焼け止めのPAとは?

サンタン(皮膚が黒くなること)に効果のあることです。
+から+++の3段階で表示されます。+はやや効果がある。++は効果がある。+++は非常に高価があるです。
SPF値は世界中でほぼ共通の基準によって測定されていますが、PA値は日本独自の表示です。

2009年01月15日

うっかり日焼け

うっかり日焼け


くもっていたからといって油断してはいけません。紫外線は雲を通過します。
部屋の中にいてもガラスを通過して部屋の中に紫外線は入ってきます。電車や車の中も同じです。
日陰にいても反射によって紫外線を浴びてしまいます。
長袖をきていても網目の粗いものだったら、日焼けをしてしまいます。
うっかり日焼けには気をつけましょう。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤

紫外線を吸収する化学物質のことです。
肌の上で化学変化をおこすので、肌に刺激を与えることがあります。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤

紫外線を肌の上で反射する働きをします。
金属を酸化させたものの粉や細かい粘度質の粉などが使われています。
紫外線を肌の上で反射してくれるので肌に優しいです。

2週間前からサンケアを

2週間前からサンケアを

シミになる前に、予防することが重要です。
できてしまったシミにはビタミンcはあまり効果がありません。
しかし、体にビタミンcが行き届いた状態だと紫外線に抵抗する力があります。
できてしまう前に予防をしっかりと!

レモンを食べるとシミになる?

レモンを食べるとシミになる?

レモンに含まれるソラレンという物質が紫外線に敏感に反応してしまいます。
レモンはビタミンCが豊富だから、出かける前にとってしまうとシミになりやすくなります。
でも、このソラレンという物質は摂取して数時間で代謝してしまうので、夜に摂取するのは問題まりません。

About 355日焼け

ブログ「肌パラ」のカテゴリ「355日焼け」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは350乾燥肌です。

次のカテゴリは400アトピーです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。