自分にあった正しいダイエット方法NAVI

生姜紅茶ダイエット

ダイエット方法の一つに、生姜紅茶を使うというやり方があります。昔からダイエット効果のある食べ物と言われているものは、唐辛子など発汗作用のある食品です。魚のくさみ消しや薬味として利用されている生姜は殺菌作用だけでなく体を温める作用もあり、ショウガ湯などで使うことも多いようです。

 

おろした生姜や生姜の絞り汁をお茶に入れたりホットミルクに入れると、体が温まる冬のごちそうとして重宝されることでしょう。生姜紅茶ダイエットは、生姜の体に及ぼす影響を使ったダイエット方法です。いつも行っているダイエットの効率をもう少し高めたいという時に生姜紅茶はおすすめです。手足が冷えにくくなったという話もあります。生姜も紅茶も、どちらも簡単に手に入ることが生姜紅茶ダイエットの利点です。

 

生姜紅茶ダイエットをするために準備するものは、難しいものは何もありません。生姜紅茶では、しょうがをおろして紅茶に入れるだけで、ダイエットにぴったりの飲み物になります。ショウガの風味を感じる分、ピリッとした紅茶になるでしょう。味が苦手だという人はオリゴ糖やはちみつを入れて調整してみてください。紅茶に含まれるポリフェノールと、ショウガの体を温める成分を一緒に摂取できますので、健康効果を高める意味もあります。ダイエットのためにこだわらずとも、体のことを考えて生姜紅茶を愛飲するのもいいかもしれません。

生姜紅茶ダイエットの効果

漢方の視点に基づいて、生姜紅茶ダイエットは考案されたものだと言われています。緑茶の材料にもなるお茶の葉を発酵させて出来たものが紅茶であり、それ自体で体温上昇効果があります。

 

その紅茶に、更に体を温める作用がある生姜をプラスすることによって発汗作用をアップさせ、ダイエットに役立てるのです。利尿作用がある生姜紅茶を飲むことによって、体内に蓄積されている水分を追い出す効果もあります。生姜紅茶を使って体重を減らすには、1日2度は生姜紅茶を飲む習慣を作ることがポイントになります。

 

起き抜けの体温が高くない時に、体を温める生姜紅茶を摂取することによって、体をしゃっきりさせることができます。お風呂に入る前に生姜紅茶を飲むと、体の保温効果が高まり発汗作用や利尿効果が更にアップします。体温を上昇させることで生姜紅茶のダイエット効果はより高まるため、温かい生姜紅茶を摂取するようにするといいでしょう。

 

生姜紅茶ダイエットは、今日明日で痩身効果が出るものではありません。生姜紅茶でダイエット効果を実感するには、1カ月程度は続けてみてください。ちなみに使う生姜は生の生姜をすりおろしてもいいですし、チューブ入りでも乾燥生姜でも絞った生姜汁だけでも問題ありません。生姜紅茶でダイエットを行う場合、紅茶一杯に対してティースプーン1杯から2杯の生姜を加えることが効果的です。

生姜紅茶ダイエットの効果2

しょうがには元々風邪を引いた時にはしょうが湯を飲めばよいと言われるぐらい体を温める効果があります。これには代謝を高める効果もあります。ダイエット面で言えば代謝を高めてくれるのでリバウンドになりにくいという非常にありがたいお話なんです。

 

また、紅茶には殺菌成分が含まれています。しょうが紅茶ダイエットは、紅茶にすりおろしたしょうがを混ぜて、1日にだいたい2〜6杯飲みます。しょうがの作用で、体がぽかぽかします。冷え性、むくみも解消!体が温まって代謝が上がるので、痩せやすいからだ作りにオススメです。好みによっては、少量のはちみつか黒砂糖を加えるととっても飲みやすいです。朝起きてから、運動前、入浴前などのタイミングで飲むとさらに効果が高いでしょう。

 

ホットでもアイスでも同じ効果があるのでとっても簡単なダイエットです!まずトイレの回数が増えて、むくみが減って、体が温まり汗をかきやすくなるのです。紅茶ダイエットは痩せにくい体環境になりやすい冬のダイエットに特に向いています。冷え体質の人にはぜひ試して欲しい簡単ダイエットです。飲み過ぎは胃に影響を与える可能性があるので、自分に合った量にしましょう。冬のダイエットにとてもいいのではないでしょうか。体もポカポカで暖まって、健康的にダイエットできますね!