自分にあった正しいダイエット方法NAVI

新国立病院ダイエット

旧国立病院ダイエットの危険性が発覚し、内容が改選された方法。

 

以前は毎食ブラックコーヒーを飲む、水は飲まない、ゆで卵ばかり食べる、といったかなり偏った食事になりがちでした。そして2週間という期限が決められていました。新しくなった方法では、基本的なルールに乗っ取り実行すれば、栄養のバランスを崩さずに、無理なく痩せられるといわれているダイエット方法。

 

新国立病院ダイエット法ではゆで卵から豆腐、納豆、鶏ささみ、まぐろ、えびなど、グレープフルーツからブロッコリー、人参、ほうれん草、ピーマン、小松菜などとかなり柔軟に対応しております。また新国立病院ダイエット法では牛乳やチーズ、ヨーグルト等の乳製品やさくらえび、チンゲン菜、ひじきといったカルシウム類が摂れるようになっています。

 

あとは水分を多く摂る点です。期間も長期的に設定されていますので、身体への負担も軽減されたようです。基本ルールとしては、身体の代謝を上げるために朝ご飯は必ず食べる事です。水分を十分に取る。間食はしない。バランス良く3食必ず食べる。体重、体脂肪は毎日必ず同時刻に測定する。朝に最も多くカロリーを取り、1日の内で徐々に減らしていくのがポイント。

 

そして、水分は1リットル以上摂取が望ましく、20時以降の食事は控えましょう。新国立病院ダイエット メニューには特に決められたものは存在しません。ルールに従っていれば、外食も可能ですし、コンビニのおにぎりやサラダ、スープなども大丈夫です。デザートにヨーグルトがおすすめです。